融資をお考えの方

”理想の自分のお店”を作るぞ!オーナー様の夢を実現させるお手伝いをします!

こんなお悩みございませんか?

  • 開業後にお金が回るのかが心配。
  • 開業資金がいくら必要になるのかわからない。
  • 開業したくても何から始めていいのかわからない。
  • 開業資金を借りたいけど、保証人は必要になってくるのかわからない。
  • 新規に出店をしたいが、出店費用を用意する方法がわからない。

飲食店には飲食店ならではの悩みも出てくると思います。
そんな時は飲食業界に精通した専門家にお任せ下さい。開業前からその後のサポートまで全てお答えいたします。

開業時に使える融資制度について

飲食店を開業される場合、多くの方は日本政策金融公庫の融資制度を利用して融資を受けています。
日本政策金融公庫にも新規開業者向けの融資がいくつかあり、組合に入っているかどうかや保証人をつけることができるかによって融資制度が異ってきます。

飲食店のライフサイクル

飲食店は、先に仕入れて在庫を抱えた状態で売上を作っていく業態のため、毎月の資金繰りについては余裕のある計画を立てておく必要があります。運転資金をある程度、確保しておくことも大事な要素の一つです。

開業準備
開業後

飲食店開業者の実態調査

飲食店開設費用の調達先(不動産を購入した企業を除く)
飲食店開設費用の内訳(不動産を購入した企業を除く)

※日本政策金融公庫「2012年度新規開業実態調査」再編・加工

上記の調査からもわかるように、開業するためには非常に多くの資金が必要となってきます。
当事務所にご相談にいらした方の中にも、「開業する前に自己資金をしっかりと作っておけばよかった。」という声をたくさんお聞きします。
当事務所では、お客様にあった最適な融資制度をお探しすることで、資金調達に悩むことがないようにサポートいたします。
また、事業計画書の作成から日本政策金融公庫の担当者との面談のサポートをさせて頂いておりますので、安心してご相談ください。