飲食向けサービスをお求めの方

こんなお悩みございませんか?

飲食店には飲食店ならではの悩みも出てくると思います。
そんな時は飲食業界に精通した専門家にお任せ下さい。開業前からその後のサポートまで全てお答えいたします。

あなたは「飲食店の生存率」をご存知ですか?

開業後、1年以内で34,5%、2年以内では15,2%廃業しているという衝撃的な統計があります。
つまり、新規開業の約50%がわずか2年で廃業!
その中で10年生き残る飲食店は10%前後と言われているのです。

大きく分けて3つの原因があります。

  • マーケットの縮小

    平成9年の29兆円がピークで、現在は25兆円にまで減少しています。
    背景には「中食」のマーケット拡大や、宅配・通販の台頭が挙げられます。

  • 競合店の存在

    どんなビジネスにも競合は存在するものですが、飲食の競合は非常に多く、厳しいものです。
    マーケットの減少に対して店舗数は横ばいで推移しているため、競争は激化しています。

  • 新規参入ハードルの低さ

    「飲食業界は新規参入のハードルが低く、出店すればすぐ繁盛する」
    そんな言葉をよく耳にします。
    その反面、少しでも経営が傾くとすぐ退場してしまうことが多いのです。

あなたが成功するために

今、飲食店の成功に必要な条件は「キャッシュリッチ」、「集客方法の確立」この2つです。
かつては「良い商品」「良い価格」そして「俺」が成功条件だと言われていましたが、今は違います。
「良い商品」「良い価格」「良い接客」「キャッシュリッチ」「集客方法の確立」これらが揃って、安定的な経営が可能となります。

ルチェーレではあなたに合ったキャッシュフロー計画を提案し、飲食業界特化ならではのノウハウを提供いたします。

ルチェーレ会計事務所の想い

領収書整理などの業務から解放され、ご自身の経営に集中をしてほしい

飲食店の皆さん、開業当初は、どうしても売上の事や必要経費でコスト面が不安でいっぱいだと思います。しかも、個人事業主でスタートしてしまうと確定申告書の提出が必ず必要になってきます。その確定申告書を作成することは、ご自身でもできます。

ただ、ご自身でされる場合、おそらく膨大な時間がかかると思います。仕事の合間や営業終了してから、そしてお休みの日を使って領収書整理や集計など。。。

ましてや、1月、2月に入ると確定申告のことで、さらに時間を費やしてしまう方もいらっしゃると思います。そして、税理士がいれば適正な節税方法で余計な税金も支払わないですむこともあります。もちろん、税理士に頼むことは、余計にコストはかかってきます。

しかし、ルチェーレ会計事務所は、コストはかかっても、税理士に頼むことで、その領収書整理などの業務から解放されて、ご自身の経営に集中をしてほしいのです。

飲食店の皆さんに、寄り添って、将来永続的にお手伝いします。

料理人でありながら、独立することで経営者になります。
経営者は、ご自身のお店を発展、成長させないといけないですし、将来への道筋や成長へのアイデアを常に考えて実行していかないといけません。

税理士の報酬はかかりますが、その分、時間が空きますので、空いた時間で、月々税理士にかかっている料金以上の売上が上がるように頑張ってもらいたいのです。

ルチェーレ会計事務所は、飲食店の皆さんに、寄り添って、将来永続的にお手伝いします。一緒に成長したいと思っています。

個人事業主、法人は問わず開業前、創業融資の相談から、ご自身でされていて初めて税理士に依頼を考えている方、税理士の乗り換えを考えている方、何でも相談にのります。

  • 開業をお考えの方はこちら
  • 既に開業されている方はこちら