飲食店さんや理美容室さん、創業融資はどうされますか?

こんにちは。

大阪の箕面市、豊中市、池田市の北摂地域と川西市、西宮市の阪神地域で活動しているルチェーレ会計事務所の西野です。

最近はたくさんの方とお会いする機会がより増えている感じがし、色々と学ぶことが多く貪欲に成長していきたいと思っています。

ブログ画像20160805 

さて、今回は開業における融資のお話をしてみたいと思います。

 

飲食店さんや理美容室さんが店舗をオープンするときに必要な開業資金はどうするの?

 

飲食店さんや理美容室さんが開業するときには必ずつきまとう資金の問題。店舗を構える場合は、特に大きな金額が必要になってきます。店舗賃貸の初期費用や内装工事代、店舗内の備品や什器やランニングコストなどなど。物件は、居抜物件であれば少しは金額を抑えられますが、スケルトンの場合はより高くなってきます。居抜物件で内装工事を抑えた場合でも開業資金が500万はかかってくると思います。物件の大きさにもよりますが、開業資金の相場は500万円から1,200万円が必要にはなってくると思います。この開業資金をどう準備するのかになってきます。自己資金で全額あれば一番いいのですが、なかなかそうでもない方も多いかと思います。じゃあどうしたらいいのか?という話になってきます。

開業資金の工面の方法として

 ・自己資金

 ・両親や知人から借りる

 ・銀行から借りる

 ・日本政策金融公庫から借りる

というような方法があげられます。

自己資金と両親や知人から借りたお金で足りない部分は銀行や日本政策金融公庫から借りるのが一般的かもしれません。もちろん両親や知人から借りない方も多くいますが。

 

では、銀行と日本政策金融公庫とでは、どっちから借りたらいいのか?の話になってきます。銀行でもメガバンクや地方銀行や信用金庫などたくさんありますが、開業資金で融資を受けたい場合は、日本政策金融公庫が一番借りやすいですし、日本政策金融公庫から借りられている方がほとんどだと思います。

飲食業や理美容業の方が日本政策金融公庫から融資をされる場合は、2つの方法があります。

 

1つは一般的で直接日本政策金融公庫から借りる方法

もう1つは飲食業、理美容業の組合に加入し組合を通して日本政策金融公庫から借りる方法です。こちらは組合費はかかりますが、借入の利率は、普通に借りたときの利率より1%弱は低くなります。

 

では、どれぐらい借りられるのか?という話になってきます。自己資金が融資額と自己資金の合計の10分の1あれば融資は可能になってきます。例えば開業資金が1,000万円必要の場合、自己資金100万円あれば900万円は融資可能になります。ただ、創業計画書や事業計画書をしっかり作成する必要はあります。なのでまず、開業資金がいくら必要になのかを試算してください。店舗の敷金、礼金、家賃の初期費用や内装工事代、備品関係やリース費用などの設備投資のお金と仕入れなどの原価費用と家賃とスタッフを雇う場合は人件費などの運転資金のお金。この運転資金のお金は最低3ヶ月は必要になってきます。個人的には6ヶ月ぐらいあった方が安心できるかなと思います。その開業資金がいくら必要か、そして自己資金はいくらあるのかを確認し10分の1であれば融資を受けられる可能性があります。満額融資されない場合もありますのでご注意ください。

直接日本政策金融公庫で創業融資をされる場合は、創業計画書(A4、1枚)を記載することになります。意外と簡単かもしれません。

また、これとは別に経営革新等支援機関の認定を受けている会計事務所などに依頼をすると中小企業経営力強化資金の融資を受けることができ利率も少し下がります。この融資をするときは、創業計画書のほかに事業計画書の作成も必要になってきます。少し面倒くさいですが、利率が下がるのでやる価値はあると思います。

色々と書いてきましたが、創業融資をされるときは、お近くの税理士さんに相談されたほうが良いと思います。

 

ルチェーレ会計事務所でも飲食店さん、理美容室さんの開業前相談も無料でやっていますので、お気軽にご連絡ください。

 

大阪の箕面市、豊中市、池田市の北摂地域と川西市、西宮市の阪神地域の店舗経営特化型のルチェーレ会計事務所の西野でした。

2016.08.05融資